クライミング研修会の記録

日時 2020年9月6日(日)曇り・雨

場所 京都市大原 金毘羅の岩場

メンバー ラクーン会員8名

内容 「ロープワーク研修」添付資料参照

   ⚪︎ 懸垂下降のシステム確認 ⚪︎ビレイシステムからの自己脱出

   ⚪︎引き上げシステム(3:1および5:1システム)

   ⚪︎ ソロクライミングシステムの確認 ⚪︎フリークライミングの実践

所感 

岳士クラブラクーンも発足より1年半をむかえ、おかげさまで会員も17名を数えることが出来ました。今年度に入りさらなる活発な活動と目論んでいましたが、春季より新型コロナ感染拡大により、会員のみならず登山・クライミング界においても活動自粛等により活動制限されておりました。

そんな中にあっても、当クラブ会員は個人レベルで精力的に活動し、成果を得た報告も受けています。このことは岳士クラブラクーンの活動趣旨にも合致し、喜ばしい事と感じています。 

今回の研修は、こうした会員の交流も兼ねて、実際の岩場でクライミング研修をロープワークを中心に行いました。研修はスリングや器具を使ったフリクションヒッチを多用する技術を確認実践し、スキルのアップに努めました。

この日は接近する台風の影響で断続的な降雨の中、本格的に荷重をかけた研修は出来なかったですが、それでも参加者全員は真剣な取り組みを見せ、今後の山岳・クライミング活動に活かしまたさらなる研鑽に務めることを心しました。

フリクションヒッチを使った自己脱出の研修
参加者全員がシステムの実践を行う
引き上げシステムの研修
小雨・湿気の悪条件にも関わらずクライミングを楽しむ
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。