交流クライミング会の記録

日時 2020.7.5(日)9:30〜

場所 比良山岳センター 人工登攀壁

参加者 岳士クラブ ラクーン7名(内新会員2名) 岳志峰友会 5名

内容 フリークライミングの実践

コロナ禍の影響で多くの方が引きこもり状態の中、少し落ち着きが見られるこの日、当クラブと今年度より滋賀岳連の加盟山岳会となられた岳志峰友会のメンバーと、交流クライミング会を行ないました。

雨こそ降りませんでしたが季節は梅雨、終日蒸し暑い日となりました。そんな中でも集まった参加者は積極的にクライミングし、汗しながらも自分の登りを試し、合わせてシステムのチェックを行っていました。

今回は今年度入会された新会員のMさん、Aさん、Tさんも参加されて、皆と交流を深めました。

また、今回は岳志峰友会のメンバーと合同でのクライミング会となり、登りだけではなく、会長のKさんはじめ5名の会員さんと山やクライミング談義や情報・技術交換も行うことが出来、にぎやかでとても有意義な時間を共有することが出来たと思います。

4時過ぎにクライミングを終え、全員で片付け清掃を行い、気持ちのいい1日を終えました。

岳士峰友会さんと交流クライミング 
みなさん積極的にtryされてました。色々刺激をうけます。

岳士峰友会 HP
https://mtbackpacke0.wixsite.com/gakushi-1
この日は各個人で自分のクライミングをチェック。
登りのだけでなく、ロープワークやシステムのチェックも行い楽しいながらも緊張感あるクライミングとなりました。
固定壁からのロワーダウン。
ここからの琵琶湖の眺めは最高ですね。
新会員のTさんも積極的にクライミングしました。
クライミングシステムについても貪欲に学ぼうとする姿勢には頭が下がります。

また、こうした機会を設けて、活動の活性化とスキルアップに繋げて行こうと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。